Mamo's Motor Life

タグ:800






前回の記事で少しだけ触れましたが

【ライダーズピット】のスタンプラリー巡り中に

F3(800)にトラブルがおきました





DSCF6092-1



ついでにと言ってはなんですが

納車して約2年ほどになるので

これまでのトラブルをまとめてみました

全部で3つ

まず初めのトラブルは

チェーンカバーのボルト紛失





DSCF6090-1
画面真ん中のボルトがいつの間にか無くなっていました

無くなったボルト以外に

もう一箇所カバーを固定しているボルトがあったので

カバー本体を紛失する事態は免れました

手元にあった同径のボルトで間に合わせようとしましたが

ネジ山のピッチが違う為に断念

やも得ず

こんな小さなボルト1本に

1500円程支払って無事解決 (T_T)

その後

カバー類固定ボルト全体の増し締めをしたところ

至る所緩いところがあったので

納車後は

まず増し締めをお勧めします





2つ目のトラブルはヘッドライト

F3のヘッドライトは

1つの電球で近目と遠目のタイプで

近目の方が切れた

ライト交換作業は初めてでしたが

F3の交換作業は

超~簡単 (^o^)





DSCF6085-1
まずメーター下奥に見える丸いカバーを

反時計回りに少し回して外します





DSCF6089-1
コネクターを外して留めバネを外せば

電球を引き抜けます

付ける時は逆の手順

簡単でしょう!





DSCF6083-1
近目が切れた電球





DSCF6084-1
新たに取り付けた電球の型番





3つ目のスタンプラリー中に発生したトラブルは

排気デバイス機構の故障でした

マフラーに付いてる可変バルブが

開きっぱなしになったり閉じっぱなしになったりの現象

キャラメルモータースさんに確認したところ

よくあるトラブルで

修理をしても再発する可能性があるとのこと

そこで選択肢は2つ

修理に出すか!キャンセラーを取り付けるか!

他のお客さんで同様のトラブルになり

何度か修理をした挙句にたどり着いたのが

キャンセラーだったと言うのと

トラブル発生日の二日後にツーリングを控えていたし

自分でも修理が出来るというので

キャンセラーに決定!

ツーリング前日

キャラメルモータースさんの所に急いでパーツを取りに行きとんぼ返り

夜なべまではしませんでしたが

その日は修理に勤しみました



まずはアンダーカウルを外します





DSCF5967-1
マフラー右側の丸い所が開閉バルブ

上下2本のワイヤーでバルブの動作を行います





DSCF5971-1
レンチでワイヤーを固定している金具を外します





DSCF5973-1
ワイヤーピンをバルブから外すと

バルブ本体のバネの力で全開の状態でキープされます



次にサイドカバーに固定されている動力モーター部の取り外しです





DSCF5965-1
こちらがサイドカバーに固定されている部品

サイドカバーからこの部品を外せれば

あとはコネクターを外すだけです





DSCF5978-1

取り外した部品

取り外し作業はここまでですが!

このままではコンピューターが誤作動を起こします

そこで登場するのが

キャンセラー!





DSCF5974-1
動力モーターを外したあとのコネクター

ここにキャンセラーを差し込みます





DSCF5963-1
8300円位だったかな⁉





DSCF5964-1
このキャンセラーと言うパーツを

コネクターに差し込みコンピューターの誤作動を防ぎます





DSCF5977-1
あとは結束バンドでフレーム等に取り付けて終了



修理後の感想としては

バルブが常に全開なので

アイドリング時からうるさくなった(QD製スリップオンマフラー装着)

排気デバイス機構がある程度閉まることによって

低速トルクを補う装置なのだろうけど

体感的には変わらない感じ

それよりも

納車当時の日本仕様状態の時が酷かった

低速域がスカスカでとにかく乗りずらかった

慣らしが終わり

本国仕様のフルパワーにしてもらってからは

とにかく乗りやすくなった

なので

本国仕様の状態ならば排気デバイス機構が無くても問題ないと思います
(あくまで個人的意見です)



今回のトラブルで思い出したことがあります

わたくしが25年ほど前に

88年式FZR250に乗っていて

このバイクにも排気デバイス機構が装備されていました

確か⁉ヤマハのFZRシリーズが

排気デバイス機構の先駆け的な存在だったと思います

このバイクも故障によりバルブが作動しなくなり(確かワイヤー切れ)

修理代も無かったのでそのまま乗っていましたが

排気量が小さいせいか

低速域が思いっ切りスッカスカになってしまい

常に高回転をキープしていないと

まともに走ることが出来なかった事を思い出します

そう言えば

あの頃の4気筒250㏄

45㎰のパワーと140㎏ほどの軽量ボディで

エンジン回転数が18000~20000rpmなんていうのが

当たり前だった時代

恐るべし (;^ω^)





    このエントリーをはてなブックマークに追加






【M】メカニカ
【V】ヴェルゲーラ
アグスタ 



〘MVアグスタ 〙



F3(800) 


 
新たになった、わたくしのバイクの名前です





DSCF4466-1





DSCF4468-1





DSCF4521-1





DSCF4520-1





これからお世話になるバイク屋さんが





 DSCF4430-1

キャラメルモータースさん
(茨城県水戸市青柳町3934-5)



RS4の最後の雄姿



こちらのバイク屋さん



MVアグスタの正規販売店



その他にも



ガスガス



ベータ



SWM



など



かなりマニアックな!?バイクメーカーを取り扱っているお店です 



実はF3、5月にはお店に届いていたので



ひめさゆりバイクミーティングなどに乗っていく事も可能だったのですが



どうしても



新車時に取り付けてからではないと



走りだしたくない部品があったので



それを待っていたら7月納車になりました



その部品は





DSCF4433-1

ラジエター&オイルクーラープロテクション(チタニウム)
モトコルセ製



写真でお分かりになられると思いますが



アンダーカウル下部まで



みっちりラジエターとオイルクーラーで埋まっている為



前輪の飛び石等でフィンを損傷させてしまい



最悪の場合、穴があいたという方もいるそうなので



これだけは1番初めに装着させたかったものです



その他にも



まだ届いていないものがありますが



それは気長に待つとします





DSCF4432-2

納車当日





DSCF4431-1

マットメタリック セナ ブラック



赤色などの派手な色も好きですが



遊森歩のマスターの様に



大人な‼お歳になってもSSに乗りづづけようかと思うので



渋めの艶消し黒を選択しました





DSCF4478-1

〖遊森歩〗マスターのHB-3(1番右)





納車時に渡された物の中に



珍しいかなぁと思うのがありました





DSCF4497-1

バッテリー充電器



充電器が付いてくるって珍しくありません?



この充電器



よくあるバッテリーの端子につなげて充電させるタイプではなく



専用のカプラーにつなぐだけ





手順としては



タンデムシートを車のトランクの様に開けます





DSCF4494-1

物を入れるスペースはほとんどありません





DSCF4495-2

テープが巻いてあるゴムふたを取ります





DSCF4496-2

あとは、むき出しになった充電専用のカプラーに差し込むだけで終了



冬季など長期間乗らない時にとても便利だと思います



バイク屋さんの話では



MVアグスタに使用されている純正バッテリーは



あまり性能がよくないのか



普段から充電はしておいた方がいいと言われました



が、



わたくしの場合



納車してからしょっちゅう乗りまくっているので



まだ一度も充電はしていないです





今現在



わたくしのF3は





まだ





本当の姿にはなっておりません





F3最大の特徴とも言える、あの部分が・・・





今の状態は





日本仕様の状態です



パワーが3分の2程に抑えられ
(それでも十分な感じですが)



本国仕様では付いていないARROW製カーボンサイレンサーが装着されています





DSCF4460-1

本来ならサイレンサーの付け根にある、羽のようなこの部分から
ショートタイプのマフラーが3本出ています



とても特徴的な右3本出しマフラー



勿論



初回点検時に



フルパワー化と3本出しマフラーに変更する予定です











わたくしの場合





ノーマルの3本出しマフラーにはしません
(ほとんどの人はしているみたいですが)





社外品の3本出しマフラーにします





まぁ、それは後日のお楽しみということで (´艸`*)





話は変わって台風直撃の本日



天宮のパンを購入後



ご飯を食べるために白河市周辺で飲食店を探していると



水曜日というせいか定休日が多く



第三候補までアウトでした



そこで



すごく久しぶりになる店に決めて向かいました





P8172124-1

櫓(やぐら)
(福島県白河市新白河1-177)



一言でいうと



うどん屋さん



でも



ここに来ると必ず悩みます



普通のうどん屋には無いメニューが多く



心惹かれるモノばかりで



この日も悩みました



その中でZyunさんが選んだのは





P8172123-1

レディースセット
(卵とじうどんハーフサイズ)



うどんとドリンクは数種類の中から選べます





わたくしが選んだのは





P8172122-1

油うどん(温泉卵トッピング)
(照明の影響で黄色くなっております)



油そばならぬ!?油うどんです



物珍しさで選びました
(基本珍しいメニューばかりですが)



とにかく混ぜます



ひたすら混ぜます



そして、いただきます



おっ!



初めての味



で、うまい



こりゃあ~美味しい‼



うどんには珍しい組み合わせのチャーシューもたっぷりで



とても濃厚



ガッツリ系が好きな方にはおススメ (=゚ω゚)ノ



ブログを書いているそばから



また食べたい



けど



あのメニュー表を見ると



ほかのも気になるんだろうなあ~




 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ