2014年5月某日



静まり返った早朝に出発 (=_=)





DSCF2594-2



最初の目的地までは高速にて移動です

と、

その前に

腹ごしらえのため、SAに立ち寄ります



DSCF2601-1

那須高原SA



DSCF2596-1

天ぷらうどん



DSCF2597-1

らーめん





店内の一角には電車のジオラマが有りますね!!





DSCF2599-1

子供たちが、くぎ付けになりそうですね~(大人も!?)



朝食後は

ひたすら走り続けます



東北道~北関東道~関越道~上信越道



ノンストップで走り続けたので



最初の目的地には

早めに着くことができました



目的地の敷地内には駐車場が無い為

近くの有料駐車場にクルマを停めて少し歩いて向かいます

開門1時間程前に到着して行列の3番手






DSCF2604-1

ココは?


と言いますと


そう!!






DSCF2605-1

世界遺産に登録された【富岡製糸場】です


でも


この時点ではまだ登録前なので

国指定重要文化財ですね!


開門と同時に場内へ






DSCF2606-1

まず正面の建物に入りました


ボランティア!?の方の説明を受けながら見て周る人は

この辺りでしばし待機してました




この建物内には

製糸場の歴史や道具などの展示室があります






DSCF2610-1


色んな種類の糸






DSCF2608-1


糸の原料を作りだしてくれるカイコたち


作り物ではないですよ~


本物ですよ~


アップの写真もありますが

そこはあえてやめときまーす(色んな意味で)

( ̄ー ̄)


展示室を、ひと通り観たら違う建物に移動です






DSCF2616-1


ココはメインとも言えるところですね!






DSCF2611-1


では、入ります






DSCF2612-1

建物内の手前から奥まで

自動繰糸機でビッシリです


手前側は保存の為ビニールが掛けられていました


奥側のビニールが掛けられていないエリアに進みます






DSCF2615-1


細かい部品などで作られた機械が

所狭しと並べられており見応えがありますねー


機械にあまり興味のないJeyさんにとっては

そうでもなかったようですが・・・




他の建物も見て周ります






DSCF2619-1




DSCF2620-1






数々の建物の中には残念な状態になってしまったものもありました






DSCF2622-1


乾燥場


今年(2014)始めの大雪に耐えられず潰れてしまったようです






DSCF2628-1


建物が潰れる前の写真


老朽化の対策も今後の課題の1つのようですね!





DSCF2624-1



DSCF2626-1


私達は個人で見て回ったのですが
(人のいない状態の写真を撮りたかったので)

ボランティアの方と説明を受けながら見て周る方がオススメです




そろそろ出ようかと

出口付近を歩いていると初めて見る植物が・・・





DSCF2630-1


キンポウジュ






DSCF2629-1


ふともも科??

(・_・;)





駐車場までの通り道にあるカフェで休憩



DSCF2633-1

カフェドローム




DSCF2634-1


店内は古民家を改装した、とてもお洒落な感じです



DSCF2640-1


早起きだった為、眠気のある私はカプチーノを注文



DSCF2638-1


Jeyさんは
そこがみそプリンとチャイを注文





カフェの奥側には
中庭を挟んでシルク製品の販売コーナーがあります


DSCF2642-1


Jeyさんのお母さん用にスカーフ購入






幾つかの遺産群の中で
もう1ヶ所立ち寄りたい所があるので
そこへ向かいます



でも



その途中に
見てみたいモノがあるので
まず、そちらに向かいます




山道を登ります



DSCF2643-1


見晴らしが良いですね!



更に山道を進むと!!!





DSCF2645-1


お猿さん達がたくさんいました



DSCF2646-1


人に慣れているのかな?






DSCF2648-1


頂上付近に到着



ここがどこかと言うと!




DSCF2655-1


【イニシャルD】のバトルステージにもなった妙義山です





DSCF2649-1

中之嶽神社

ココに見てみたいモノがあります





ドーーン!





ドドーーーン!!




DSCF2652-1


日本一のだいこくさま

小槌ではなく、剣を持っている!だいこくさまは珍しいそうです

ちなみに日本一!!と言うのは大きさで

どのくらいの大きさか?というと

手前の建物と比べるとその大きさが分かります




DSCF2650-1


めちゃデカですね!





DSCF2653-1


せっかくなのでお参りもしました
(階段きつかった~)






さて

遺跡群の1つに向かいます

目的地の数キロ手前からは狭い山道入って行きますが

この道がまた、せまっ!!

山道に慣れていない人にはツライかも!?




DSCF2656-1


小さな駐車場から少し歩きます





DSCF2660-1

荒船風穴

地面から吹き出す冷風を利用した蚕の卵の貯蔵施設跡





DSCF2661-1


こちらの施設跡は
あまり知られていないようで見学者は少なかったです




DSCF2657-1


この日はとても暑い日でしたが

風穴周辺だけは涼しかったですよ~



当時はここに建物があったようですね




DSCF2658-1


当時の再現写真





施設跡を離れ駐車場までの道を歩いていたとき

何気に道ばたの岩に目をやると

このような印がありました



DSCF2662-1


このような印で史跡の範囲を決めているの!?かな




荒船風穴をあとにし、国道254号線にて西方向に向かう予定だったが

なんと!!

全面通行止めの看板が・・・!!!

\(◎o◎)/!

回り道をするとかなりのタイムロスになってしまう

行きたい所もまだあるし~

できれば、それは避けたい

地図とにらめっこ後

決断の時



裏道と旧道?を駆使し

国道254号線から大きく外れることもなく次の目的地に辿りつけました

その場所はと言うと!




国史跡 龍岡城跡


DSCF2669-1


日本には函館(こちらは有名)とここにしかない五稜郭です!





DSCF2667-1


独特な形状のお堀ですねぇ~



DSCF2666-1


現在は小学校が建っています





DSCF2664-1


当時はこのような感じだったのですね





今度は国道141号線をひたすら南下します



そうして到着した場所がココです





DSCF2670-1

ん?



ただの踏切が何だってって!?



まぁ~



パッと見



ただの踏切ですからね~!



でも



この看板を見ると意味のある場所になりますよ!





DSCF2671-1

JR鉄道最高地点です





くっ、空気が薄い・・・





な~んて事はありませんが





八ヶ岳のそばなので

のどかな風景と相まって雄大な八ヶ岳を望めますよ~





DSCF2672-1

最高地点を走る電車





踏切のすぐそばに神社があります





DSCF2680-1

鉄道神社





DSCF2679-1

電車の車輪が祀られておりました





この日は、ここを最後に宿泊先へ向かいました





つづく