Mamo's Motor Life

カテゴリ: F3(800)






〖MVアグスタ〗 F3(800)で



お世話になる事になった



キャラメルモータースさん





DSCF4513-1

キャラメルモータースさん



MVアグスタを始め、とても珍しいメーカーを扱うショップです



勿論、店内にはアグスタが勢揃い





P9172142-1

とても良い眺めで飽きませんね~ (*´∇`*)



アグスタだけでも十分珍しいのですが



更に珍しいバイクもありました





DSCF4511-1

【SWM】 GRAN MILANO 440





DSCF4509-1

クラシカルな雰囲気ですねぇ





DSCF4510-1

モーターサイクルショーで



知らないバイクメーカーだなぁ



と、思っていたバイクを



ここで再び目にするとは思いもよりませんでした





そして





更に、更に珍しいバイクが





こちら‼





P9172130-1

【MOTOMORINI】



ご存知でしょうか?このメーカー!?



わたくしは初めて知りました





P9172135-1

【MOTOMORINI】 GRANPASSO



いや~めずらしいバイクですねぇ~



日本に数台しかないとか・・・





P9172136-1

ただでさえ珍しいのに



このカラーリングは日本に1台だけだそうですよ w(゚o゚)w !





P9172131-1

何というか・・・



愛嬌のあるお顔立ち





P9172129-1

とても独創的なデザイン!



ここにあるのは、このアドベンチャータイプだけですが



違うタイプのバイクもあるようです





〖キャラメルモータース〗

物珍しさ好きな方にはおススメのバイクショップです

わたくしがカタログだけ貰いに初めて訪れた時も

大変快く対応して頂き、とても良い雰囲気のお店です





F3の初回点検



慣らし運転もほぼ終わりに近づいた頃



いよいよ



念願のマフラー交換+フルパワー化をしてもらう為に



キャラメルモータースさんに向かいました





DSCF4503-1

こちらは日本仕様のマフラー



ノーマルでカーボンマフラーとは贅沢で勿体ないですが



ここは非情に徹して交換してしまいます ( ̄‥ ̄)=3 



そんでもって



じゃじゃーん °˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°





P9172138-2

F3、本来の姿プラスα



いいですねーー!





P9172139-2

QD製 パワーガン スリップオンシステム(バッフル付き)



静寂なノーマルとは違い



見た目もさることながら



野太く低音が効いた音色にグレードアップしました



え~音 (* ̄∇ ̄*)エヘヘ



それともう一つ



コンピューターの書き換えでフルパワー化された事により



日本仕様状態で燃料噴射が薄くされていて



超低速走行時(50㎞以下)にエンジンフィーリングが



とてもギクシャクして乗りづらかったのが



まるで嘘のように無くなり



低回転でも普通に走れるようになったのが感激です



事前に説明はありましたが



ここまで変わるとは驚きです

(注意・800ccの場合の変化です
675ccの場合ではあまり変化がないとの事です)





P9172141-2

作業終了後、快適な音色を楽しみつつ帰路へつきました
(o^∇^o)










が、





その途中で





気が付いた





Σ( ̄ロ ̄|||) 
 




新たな問題発生‼ 





つづく 
 

 






【M】メカニカ
【V】ヴェルゲーラ
アグスタ 



〘MVアグスタ 〙



F3(800) 


 
新たになった、わたくしのバイクの名前です





DSCF4466-1





DSCF4468-1





DSCF4521-1





DSCF4520-1





これからお世話になるバイク屋さんが





 DSCF4430-1

キャラメルモータースさん
(茨城県水戸市青柳町3934-5)



RS4の最後の雄姿



こちらのバイク屋さん



MVアグスタの正規販売店



その他にも



ガスガス



ベータ



SWM



など



かなりマニアックな!?バイクメーカーを取り扱っているお店です 



実はF3、5月にはお店に届いていたので



ひめさゆりバイクミーティングなどに乗っていく事も可能だったのですが



どうしても



新車時に取り付けてからではないと



走りだしたくない部品があったので



それを待っていたら7月納車になりました



その部品は





DSCF4433-1

ラジエター&オイルクーラープロテクション(チタニウム)
モトコルセ製



写真でお分かりになられると思いますが



アンダーカウル下部まで



みっちりラジエターとオイルクーラーで埋まっている為



前輪の飛び石等でフィンを損傷させてしまい



最悪の場合、穴があいたという方もいるそうなので



これだけは1番初めに装着させたかったものです



その他にも



まだ届いていないものがありますが



それは気長に待つとします





DSCF4432-2

納車当日





DSCF4431-1

マットメタリック セナ ブラック



赤色などの派手な色も好きですが



遊森歩のマスターの様に



大人な‼お歳になってもSSに乗りづづけようかと思うので



渋めの艶消し黒を選択しました





DSCF4478-1

〖遊森歩〗マスターのHB-3(1番右)





納車時に渡された物の中に



珍しいかなぁと思うのがありました





DSCF4497-1

バッテリー充電器



充電器が付いてくるって珍しくありません?



この充電器



よくあるバッテリーの端子につなげて充電させるタイプではなく



専用のカプラーにつなぐだけ





手順としては



タンデムシートを車のトランクの様に開けます





DSCF4494-1

物を入れるスペースはほとんどありません





DSCF4495-2

テープが巻いてあるゴムふたを取ります





DSCF4496-2

あとは、むき出しになった充電専用のカプラーに差し込むだけで終了



冬季など長期間乗らない時にとても便利だと思います



バイク屋さんの話では



MVアグスタに使用されている純正バッテリーは



あまり性能がよくないのか



普段から充電はしておいた方がいいと言われました



が、



わたくしの場合



納車してからしょっちゅう乗りまくっているので



まだ一度も充電はしていないです





今現在



わたくしのF3は





まだ





本当の姿にはなっておりません





F3最大の特徴とも言える、あの部分が・・・





今の状態は





日本仕様の状態です



パワーが3分の2程に抑えられ
(それでも十分な感じですが)



本国仕様では付いていないARROW製カーボンサイレンサーが装着されています





DSCF4460-1

本来ならサイレンサーの付け根にある、羽のようなこの部分から
ショートタイプのマフラーが3本出ています



とても特徴的な右3本出しマフラー



勿論



初回点検時に



フルパワー化と3本出しマフラーに変更する予定です











わたくしの場合





ノーマルの3本出しマフラーにはしません
(ほとんどの人はしているみたいですが)





社外品の3本出しマフラーにします





まぁ、それは後日のお楽しみということで (´艸`*)





話は変わって台風直撃の本日



天宮のパンを購入後



ご飯を食べるために白河市周辺で飲食店を探していると



水曜日というせいか定休日が多く



第三候補までアウトでした



そこで



すごく久しぶりになる店に決めて向かいました





P8172124-1

櫓(やぐら)
(福島県白河市新白河1-177)



一言でいうと



うどん屋さん



でも



ここに来ると必ず悩みます



普通のうどん屋には無いメニューが多く



心惹かれるモノばかりで



この日も悩みました



その中でZyunさんが選んだのは





P8172123-1

レディースセット
(卵とじうどんハーフサイズ)



うどんとドリンクは数種類の中から選べます





わたくしが選んだのは





P8172122-1

油うどん(温泉卵トッピング)
(照明の影響で黄色くなっております)



油そばならぬ!?油うどんです



物珍しさで選びました
(基本珍しいメニューばかりですが)



とにかく混ぜます



ひたすら混ぜます



そして、いただきます



おっ!



初めての味



で、うまい



こりゃあ~美味しい‼



うどんには珍しい組み合わせのチャーシューもたっぷりで



とても濃厚



ガッツリ系が好きな方にはおススメ (=゚ω゚)ノ



ブログを書いているそばから



また食べたい



けど



あのメニュー表を見ると



ほかのも気になるんだろうなあ~




 

このページのトップヘ