Mamo's Motor Life

カテゴリ: Life






我が家の水槽





DSCF5742-1

23cm程度のオールガラス水槽





DSCF5741-1

【GEX】グラステリア アグス OF-230

このような小型水槽なのに

ろ過システムが



なんと!



オーバーフローなのです‼



( ^ω^)・・・



って



知らない人には何の事か?

判りませんよねぇ⁉

オーバーフロー水槽とは

水槽の下に独立したろ過槽を設置して

そこから水槽に汲み上げた水があふれて

ろ過槽に戻るシステム‼



家庭用水槽の

ろ過システムには

主に

上部式・外掛け式・底面式・投げ込み式・外部式・スポンジフィルター

などが使われているのですが

オーバーフロー式のろ過システムと言えば

大型水槽で

熱帯魚屋さん(ペットショップ)や業者さんなどの

プロの方々が使用するような本格派のろ過システム

大掛かりで高額ということで

アクアリウムを趣味にしている人にとっては憧れのシステムです

そんな憧れの水槽が

こんなにコンパクトでお手軽な価格で発売していたら

買わないわけにはいきませんよね~ (* ̄∇ ̄*)

更に!この水槽の良いところは

背面が二重になっていて

水槽に必要不可欠な

ヒーター・吸水口・水温計(うちの場合センサー部分)などが

通常の水槽では見映えの悪さになっていましたが

それらの器具関連が

正面からは全く見えない仕組みになっているところが

とても素晴らしい!





DSCF5743-1

真上からみた様子

右側の背面パネル内に器具類やコードなどを納めるスペースがあるので

正面からは余計なものが一切見えないようになっています

(オレンジ色のはコトブキ製のユマクリーナー)


この水槽のメインで飼育しているのは

レッドビーシュリンプ(小さな淡水エビ)です



以前に(震災前)60cm水槽で

レッドビーシュリンプを飼育をしていたことがあり

繁殖も順調で楽しい時期もありましたが

震災で水槽が割れエビたちが全滅してからは

熱帯魚関連をやめていました

それから5年ほどが経ち

昨年あたりから

再びこの水槽で飼育を始めたのですが

いくらオーバーフロー式水槽とはいえ

小型水槽がゆえに絶対水量が少なく水質が安定しない為か

中々繁殖が上手くいきません(T_T)

(水量の多い大型水槽の方が水質は安定し易い)

魚だけなら

ある程度は問題ないのですが

エビはとにかく水質に敏感な生き物です
(以前も、それで苦労しました)

それでも

このお気に入り水槽で何とか対応しようと考案した結果

こちらを購入しました





DSCF5745-1

【エーハイム】アクアコンパクト2005

小型水槽用外部式フィルター

過剰ろ過と水量アップを狙います

(ろ過材容量1.3ℓ)





DSCF5746-1

ついでに予備のフィルターパッドも購入





DSCF5752-1

セッティングが完了すれば

すぐに使用できる内容になっています





DSCF5759-1

吸水・排水・ポンプ部が一体になっている部品(右側)

これを水槽のガラスにかけて使用します





DSCF5760-1

吸水部分はアタッチメントで長さを調整する事が出来ます





組み立てをする前に

ちょっとした改造を施します





DSCF5750-1

プランター等の底に敷くネットを用意(ホームセンターで購入)





DSCF5751-1

ネットをフィルターパッドと同じ形に切り取ります





DSCF5754-1

本体ケース上側から底部分を覗いた様子

底の部分に水量を確保する為のフィンがあります

ここに先ずはフィルターパッドをセットするのですが

何もしないでそのままセットした場合

そのさらに上にセットする

ろ材等の重みで柔らかいフィルターパッドが

フィンに沿って波打つ様な感じで変形する恐れがあるので

フィルターパッドの変形を防ぎつつ

一定量の水量を安定して確保する為にネットを設置します

(我流ですので真似をする時は自己責任でお願いいたします)





DSCF5757-1

設置後の様子





DSCF5755-1

蓋の裏側にも同様にセットします





DSCF5756-1

器具に合わせながら微調整の加工をしていきます



この外部式フィルターのセット内容は

フィルター本体を

水槽の横に置く事が前提の内容になっているので

うちの水槽のように横に置くスペースがない場合は

そのままでは使えません





DSCF5758-1

セット内容のままだとこの様に届きません

なので

別売のホースを購入します



ちなみに

フィルター本体の底面と

水槽の水面までの距離が

1m以内の範囲であれば

別売のホースで調整することで設置することが出来ます





DSCF5747-1

【エーハイム】3mホース(内径12mm/外径16mm)

このホースを加工してセットすれば完了ですが

ここでもう1つ問題があります

ホースだけのままだと

後々のメンテナンス作業で

水槽から外す時に

水槽に掛けておく部分と

フィルター本体を同時に持ち上げなければならないので

1人作業だと両手がふさがり

水受け皿(もしくはバケツ)が持てないので

床を水浸しにする可能性大です

(2人作業が出来れば問題ありません)

そのような事になる前に対策をしておきます

その為に購入したのがこちら





DSCF5748-1

【エーハイム】ダブルタップ×2
(吸水と排水それぞれに1つづつ必要)

写真の真ん中のは予備のホースバンド
(ダブルタップには必要ありません)

この器具は中間で分離することが出来て

更に

それぞれに開閉バルブが付いていますので水の流出を防げます

メンテナンス時に

安心して1人作業をすることが出来ますよ v( ̄∇ ̄)v



それでは!

全てが揃ったところでセットします

(セット後の水補給量約2ℓ)





DSCF5761-1

セット完了後の状態

イイ~ですね~ (☆゚∀゚)

水槽台の扉を閉めれば

何事もなかった様な感じです



でも



最後に1つだけ気になるというか

購入前から分かっていた事なのですが

水槽に掛けているポンプ部分によって



水槽の蓋が・・・





DSCF5764-1

蓋が正規の位置にセット出来なくなりました

まぁ~これは大した問題ではないので

この様にポンプ部分に載せて斜め掛けにするか⁉

それとも





DSCF5762-1

この様に前方にずらしてセットするかの2択ですので

様子をみながら決めたいと思います



何はともあれ



「男は黙って過剰ろ過」のコーナーでした





お・わ・り





次回の記事は旅のつづきです(たぶん)





    このエントリーをはてなブックマークに追加






2018年

明けましておめでとうございます m(__)m

前回までアップしていた

旅の記事が途中経過のままですが

ここで一旦

年末年始の出来事を挟みます

今年は新居で迎える2回目の正月になります

豪華な!おせち料理はありませんが

Zyunさんバージョンのおせち料理で新年を迎えます





DSCF5699-1





広島の土産で買った

レモンのお酒もいただきました





DSCF5722-1

箱をよく見たら詳細が書いてありました

広島の大長レモンを使用したお酒で

広島県呉市豊町の大長地区は国産レモン発祥の地

防腐剤を一切使用していない安心・安全なレモン!

とのことです

ストレートだと濃い~ので

氷を入れてロックでいただきました

甘酸っぱ~くて

ジュースみたいな感じのお酒

わたくしが飲んだら

一気に無くなりそうなので

Zyunさんにお任せしました





初詣にも行ってきました~





DSCF5713-1

南湖公園
(日本最古の公園といわれております)





DSCF5703-1

南湖神社





DSCF5704-1





DSCF5708-1

Zyunさんが御朱印帳を購入した神社





DSCF5706-1





DSCF5707-1

南湖稲荷神社





御参りの後に南湖名物をいただきました





DSCF5718-1

【荻原屋】





DSCF5717-1

注文後、お茶をいただきながら待ちます





DSCF5715-1

南湖だんご(二色)あん・みたらし

注文したのは団子だけだったのに

煮物と漬物まで出てきました⁉

そしてその煮物がまたうまい!

好きな味付けでした

メインの団子は

やわっとろ~で美味しかった

みたらしの方は

ちょっとしょっぱさが強かったかなぁ





ここでちょっと

去年末に訪れた店のお話



福島県南地域は

白河系らーめんを筆頭に

あっさり系のらーめんを提供する店で

ほぼ占められていますが

そんな中で

去年オープンした!お店があるので行ってきました

しかしこのお店⁉

まず!

店名を見ると

えっ?

と、なりますよ





DSCF5690-1

らーめん【ゆらゆら?】(棚倉町)



店名の(ゆらゆら)の意味も気になりますが

その後に付く(?)が更に混乱させられます

店の方に聞けてないので

未だ不明のままです



何はともあれ注文をします(食券制)





DSCF5691-1

醤油らーめん(細麺)

らーめんが運ばれてきた時⁉

ん⁉

この香りは!

もしや⁉

と、勝手な妄想が頭をよぎりました

まずスープをいただきます

・・・

おおおぉ~

やはり!

予想通り

節系のらーめんでした
(運ばれてくる段階で分かる位の香りが漂っていました)





PB190519-2

塩らーめん(中太麺)

よくあるあっさり塩味ではなく

こちらもバリバリに節が効いた濃いめの味付けになっております

当然!どちらも美味しいですが

個人的には塩の方が好きですね!

どちらも中太麺と細麺が選べますが

何も言わないと細麺で出てきますよ



あっさり系の激戦地域では

珍しい味(美味しい)のお店なので

頑張ってほしいところです



そして

去年最後に訪れたお店





DSCF5698-1

【ROOTS】(郡山市)

いつもは2人とも別々の物を注文して

味比べをするのですが

初訪問だったので

まずはどんなものかと同じ味の物を注文しました





DSCF5696-1

わんたん麺(こってり)





DSCF5697-1

味玉らーめん(こってり)

味玉とワンタンを半分こにしていただきました

今回はこってりの方を選びましたが

勿論!あっさりバージョンもありますよ

こちらのお店の醤油は

非加熱処理の生揚げ醤油を使用しており

香り高く醤油本来の味わいが楽しめます


醤油以外にも

こだわりをもった

味噌味と塩味もあるので

次回のお楽しみにします





去年からわたくし個人がハマっているものがあり

年末に1度リフレッシュして

リスタートしたのが

こちら





DSCF5695-1

【グリーン ファーム キューブ】





DSCF5693-1

【グリーン ファーム】

こちらは水耕栽培になります

古いものを取り除き

綺麗に清掃して新たに種をまきました

種をまいて数日後に

芽が育ってきたところ



そこから更に数日後がこちら!





DSCF5701-1





DSCF5700-1

イイ感じに育っております

4種類の葉物(主にレタス)を栽培



そして

種をまいてから20日後がこちら!





DSCF5736-1





DSCF5735-1

ここまできたら収穫時期ですね~

外葉から収穫していきます





DSCF5740-1

大サイズのボールいっぱいに収穫出来ました (⌒∇⌒)



水耕栽培は

冬時期も関係なく1年中栽培でき

1度育てば好きな時に好きなだけ収穫出来るのが魅力的です

畑と違い虫がつく事もないし

1度セットしてしまえば(水耕栽培用の液肥は必要)

たま~に水補給する位の手間だけなので楽ちんです

収穫した葉物は水洗いも不要でいただけます






DSCF5738-1

収穫後の様子





DSCF5737-1

内葉を残しておけば数日で育つので

何度も収穫出来ます

サラダの葉物代もうくので家計にもやさしいですよ!





新年を迎えて

初訪問で初ラーしてきたお店がこちら!





DSCF5719-1

【雅宗】(白河市)

去年末にオープンしたばかりのようですね

オープンと言っても

まだ仮オープンのようで

レジも無い状態です

レジの代わりが持ち運べる金庫だった

でも大盛況のようで

行列が出来ておりました

しかも

お昼を少し過ぎた位なのに

自分たちのあとのお客さんを最後に

お店を閉めていましたので
(材料でも無くなったのかな?)

早めに行かないと入れないかもしれません





DSCF5720-1

醤油らーめん(ねぎトッピング)

白河系のあっさりらーめん‼

個人的には上位に入る位の美味しさだと思います





DSCF5721-1

味噌らーめん(ねぎトッピン)にんにく入り

美味しいのですが・・・

ちょっとあっさりし過ぎて物足りないかなぁ(個人的感想です)

あっさりなのが好きな方には良いかも!

味噌らーめんを食べたい時は

浅川町にある

【みそ善】の

黒みそらーめん(濃厚)をいつも食べているので

どうしても、そことの比較になってしまいます





映画【スターウォーズ】が好きなZyunさん

その最新版スターウォーズを観に

那須塩原のビバモール内にあるフォーラム(映画館)へ行きました
(県内の映画館よりこちらの方が近いので)

その帰り道に

ご飯を食べたい!となり

行き当たりばったりでお店を探すため

近場をウロウロしていて

迷い込んだ細い道で見つけたお店に決めました





DSCF5726-1

そば処【倉】

車1台分の狭い道路沿いにあるので

地元の人しか知らないような場所にあります

まさに隠れ家!





DSCF5724-1

海鮮天そば

野菜天・海老天・めごち天

そして本来ならばカニ天なのですが

あいにく蟹が切れているというので

代わりにつけてくれたのが

フグ天でした‼ 

(゚∇゚ ;)エッ!?

凄く豪華なラインナップ~

ボリュームもすごくてコスパもよくて

大満足です





DSCF5723-1

ぶっかけとろろ海老天そば

天ぷらから始まり

薬味の海苔・ネギ・鰹節・わさび

そして月見とろろ‼

色んな味わいを楽しめて美味しいのですが

それらの量が多過ぎて

蕎麦が足りないくらいです⁉

大盛りにすればよかった





ちょっとした用事で

バイクのF3でお世話になっている

キャラメルモータース】さんのところに寄った後

ランチタイムにするべく

しんちゃんさん・くのいちさん】の

オススメのお店に向かいました





DSCF5734-2

キャラメルモータースさんの近くですねぇ





DSCF5727-1

【ミスターポテト】
(茨城県ひたちなか市)



15時位の訪問だったにも関わらず

満席に近い状態でした





DSCF5728-1

シャキシャキサラダを酸味の効いたドレッシングでいただきます





DSCF5730-1

〖オムライスデミグラスソース〗

このソース!

よくある味ではなく独特の味

Zyunさんいわく

「大人の味‼」と申しておりました

いわゆる

めちゃうまです (☆゚∀゚)





DSCF5731-1

〖オムレツ風ナポリタン〗

ナポリタンだけでも美味しいのですが

その下にあるオムレツ風⁉のたまご

この組み合わせは初めてです

しかも

たまごと一緒に食べると

味が変化するので

2度美味し~感じです

夢中になって食べてしまい

食べ終わってから気付いたのですが

テーブル上にあったチーズをかけてみるのを忘れてた

もしかしたら

3度おいし~感じになっていたかもしれないのに~(TДT)





DSCF5732-1

食後の紅茶

これがまた!定番のサイズではなく

大きいカップ!

お腹いっぱいの状態なので

持て余すくらいです(残さずいただきました)



店内にはバイクが飾られているので

バイク好きには心躍るお店ですねぇ





DSCF5733-1

初代モンキー⁉





DSCF5729-1

750 F1⁉

このバイクの

目の前の席に座りたかったのですが

先客がいたので断念しました

とても良い感じのお店でした

勿論!ナビに登録済



実は

注文時にハンバーグ等(肉類)が

材料切れの為できないと言われ

限られた中での注文でした(T_T)

なので

次回はもっと早目に行こうかと思います





    このエントリーをはてなブックマークに追加






Zyunさんの



お気に入りのコーヒー豆屋



【SWEET ROASTERY】
(スウィートロースタリー)
白河市八竜神79



このお店に



時々、コーヒー豆を買いに行くのですが



数種類の中から選んだ豆を



袋詰めしているのを待っている間



店内に置かれている



コーヒー器具のカタログを見るたびに



水出しコーヒーの器具が欲しいな~と



毎回思うのですが



何しろお値段が高い



安くても、うん万円



高いものは桁が違います



欲しくても手が出せません
( ̄▽ ̄;)



ある日



白河市内にある



ドトールコーヒー店の入口で



入ろうか迷っていた時



入口付近に置いてあったモノが



強烈に目に飛び込んできた



そして



お値段を確認後



お買い上げ



欲しかった本格的なものとは



だいぶかけ離れたデザインではあるが



庶民的なお値段と



おうちで水出しコーヒーが作れるということで満足です





DSCF4368-1

規定量の豆をミルを使い細引きで挽きます



その粉を容器に投入して



40ccの水と混ぜペースト状態にします





DSCF4369-1

水を入れる容器を上にセットして



規定の量の水を入れて完了です



水を入れた容器から



一滴づつ水が粉の上に滴り落ち



しばらくすると



粉の入った容器の下部にある



目の細かいフィルターから



一滴づつコーヒーが滴り落ちます





DSCF4371-1

規定の量まで滴り落ちるのが終われば完成



豆の種類を変えたりして



日々楽しんでおります
(⌒∇⌒)





・‥…━━━☆・‥…━━━☆





以前



水槽内に発生した



水ミミズを食べてもらう役目で



メダカを一時的に投入していましたが



役目を終え



増えすぎてしまったメダカたちの行き場に悩んでいた時に



ネットで解決策を発見





DSCF4400-1

メダカたちが活躍した水槽

〖レグラスポニックス300〗

おかげでキレイさっぱりです





そして



新たな居場所として発見したのが



《ビオトープ》





DSCF4394-1

ビオトープとは



生物が自然のサイクルで生きれる場所を再現したもの



自然界で言うところの池を人工的に再現します



見よう見まねで私が作ったのは



睡蓮鉢に



赤玉土(小粒タイプ)を敷き詰め(3ℓ~4ℓ)
(排泄物を濾過してくれるバクテリアの住みか)



水苔にサギソウを植えた鉢を沈め



水草と浮草(ホテイ草)を投入
(水生植物は水に酸素供給したり根が水を浄化する役目)



黒メダカの他に



お掃除屋として



ヒドジョウと
淡水で繁殖するミナミヌマエビを混泳
(ちなみにヤマトヌマエビは淡水では繁殖しません)



これで安定すれば



人が手をかける事は



足し水くらいです
(我が家では微妙に雨で足し水が出来る位置に設置)



水槽とは違い



全く手がかからず



とても楽ちんです



でも



写真でお分かりの様に



とても見ずらい ( ̄0 ̄;)



明るくない鉢の中に



土によって更に暗くなり



ホテイ草のジャングルの様な根により視界が悪く



そこにきて



その名の通りの



黒いメダカなので



とても鑑賞出来るような状態にはありません



まぁ



メダカたちが元気でいてくれれば問題はないのですが・・・





でも



それを見て



不満をもっていたZyunさん



やりました





DSCF4392-1

Zyunさんバージョンビオトープ(新規で追加)
Σヾ( ̄0 ̄)ノ



とてもキレイで見やすい
(メダカはヒメダカ)



浮草は初期タイプから移植



ホテイ草は根の広がりと繁殖が凄いので



初めは1つでも十分だと思います





DSCF4402-1

バクテリアの定着場として



パールホワイト丸小粒タイプ砂利と



天然石ピンクストーンミニを追加



飼育する予定に無かったメダカだったのに



今では



毎日覗き込むのが楽しみになっている



自分の姿がそこにはあります

( ̄∇ ̄)





    このエントリーをはてなブックマークに追加






GW、真っ只中ですが、



今回は



4月の話



さくらを求めて県内外を散策





DSCF4232-1

高萩のしだれ桜
(福島県白河市表郷)





DSCF4235-1

結構立派な桜です

あまり知られていないようで

見物客は皆無に等しい

ライトアップもしているようです



この後



咲いているところを見たことが無い桜があるので向かってみたが

キレイに散り終わり

葉桜状態でした

周辺の桜はちょうど満開状態なのに~ (≧ヘ≦) 

この木だけは満開のタイミングが違うようです

これで3年連続見れずじまいです、残念

またリベンジするとして

その近くにあるパン屋さんに初訪問





DSCF4240-1

天宮のパン
(栃木県大田原市両郷412-1)

オープン前に到着

とても田舎チックな場所にあるにもかかわらず

オープン直前になると

続々とお客さんが集まりだしたので

人気のほどがうかがえます





DSCF4258-1

帰宅後に温めて食べてみましたが

とっても美味しいじゃありませんか!

お気に入りのお店に追加です (☆゚∀゚)





DSCF4243-1

堂の下の岩観音
(栃木県那須町大字芦野)

独特の雰囲気をかもしだしています





DSCF4245-1

訪れたのがちょっと遅かったようで

1番下の桜は散ってしまっていまいた





DSCF4263-1

今出川・北須川の桜並木
(福島県石川町)





DSCF4266-1

数キロにわたってこの様な風景が続きます





DSCF4275-1

日中線記念自転車歩行者道のしだれ桜
(福島県喜多方市字押切東・字諏訪)





DSCF4270-1





DSCF4272-1

線路跡という事もあってか

SLが鎮座しておりました





DSCF4291-1





DSCF4277-1





DSCF4283-1

見事な桜のトンネル





DSCF4280-1

3キロにわたって桜並木が続くそうですが

一部だけを散歩して退散しました





帰り道

混んでいる町中などを通りたくなかったので

適当に田舎道を走っていると

何やら山に向かって

真っ直ぐにのびる道があり

上りつめてみると

何とも見晴らし良い場所に出ました



しかも

この坂には名前がありました





DSCF4300-2

恋人坂

.。゚+.(・∀・)゚+.゚



でも

わたくしが惹かれたのは

この看板の目の前にあった

コ・チ・ラです





DSCF4302-1

あすぱら村





DSCF4303-1

立派なアスパラがいっぱいです

この様なハウスが辺り一面に広がっておりました

勿論、購入して

その夜の

酒のつまみになったのは

言うまでもありませんが ( ̄ー ̄)ニヤリッ



アスパラ大量購入で

ウキウキ気分でクルマを走らせていると

通りから少し離れた場所に

気になるものを見付けたので進入してみました





DSCF4306-2

道の駅ばんだいの近くにあった桜並木





DSCF43080-2

クルマ同士のすれ違いはかなり厳しい道


この後

Zyunさんが寄りたいという

猪苗代湖沿いのパン屋に

わざわざ遠回りして行きましたが

売り切れて閉店していました

残念 (T_T)







    このエントリーをはてなブックマークに追加




2015年の2月に

今の新居に引っ越ししてから

あまり、お出掛けらしいおでかけをしなくなってしまった今日この頃ですが

その中の数少ない出来事をいくつか・・・



まず、去年の終わり頃

Jeyさん、HNを改めてZyun(じゅん)さんと2人で

福島県いわき市遠野にあるお店に向かいました





DSCF4004-1

写真では判りずらいのですが、かなりの傾斜地にあります





DSCF4006-1

カフェ・バディ
(いわき市遠野町入遠野字天王1)



2種類の紅茶を頼みました





DSCF4009-1

右側のが、とろけたマシュマロが入ったマシュルクティー

初めていただきましたが

やみつきになる程の美味さでたまりません .。゚+.(・∀・)゚+.゚

左側のは名前を忘れましたが

説明文によると

コーヒーで言うところの

エスプレッソの紅茶バージョンのようで

まさしく味が濃い~のですが(それはそれで美味い)

表面の泡が甘いので

それと同時に飲むことにより程よい感じになって

美味さ倍増です (*゚▽゚*)

また訪れたいお店でした





ところ変わって別な日



何やら事情があって

しばらくの間お休みしていたところが再開したようなので伺ってみました





DSCF4014-1

はりねずみ堂
(那須町豊原丙4520-7)

那須連山を見渡せる丘に立つ、小さなお店です
(テイクアウト専門店)


コッペパンがうりのようですが

この日は売り切れでした

人気があるようなので確実に購入したい時は

予約をした方が良いそうです



もう一つの看板メニューのプリンは購入できました





DSCF4016-1

左、とろりプリンと右、ミルクプリン

どちらも糖質オフなのであっさりはしていますが

素材本来の旨さを堪能できます

糖質オフ‼なだけにいっぱい食べても平気かな・・・

次回はコッペパン目当てにリベンジします ( ̄‥ ̄)=3





お酒全般をたしなめられるZyunさん(旧Jeyさん)
(注意・酒豪ではありません)

わたくしがビール党(オンリー)と言う事もあり

普段から飲む時は

2人でビールをいただいているのですが

一番搾りがお好みのZyunさん
(わたくしはスーパードライ派)

ちゃっかり!‘必ず貰える’に応募しており

飲み比べを楽しんだ夜もありました





DSCF4013-1

6種類の利きビール(グラス付き)

色んな味を楽しめて楽しかったな~ (* ̄∇ ̄*)エヘヘ





ある日



行ってみたいと言う、Zyunさんの希望で向かった所がありました





DSCF4018-1

いわき市渡辺町中釜戸字表前117-2





DSCF4019-1

中釜戸のシダレモミジ

極太の幹に立派な枝っぷり

こんなに見事なもみじの木!見たことない 

オオーw(*゚o゚*)w

でも、

残念なことに

季節外れの温暖な気候のせいで
(バイク乗りには嬉しいが)

もみじの葉が綺麗に紅葉していませんでした

紅葉する前に枯れ始めている部分も多数

例年通り寒くなっていれば

この頃

見ごろを迎えていたはず!残念 ( ̄▽ ̄;)!!

ここもリベンジ!



なんか・・・

去年末はリベンジする場所ばかりなような!?  ̄_ゝ ̄)





定期的に訪れている所にも訪問





DSCF1162-1

みそ善
(石川郡浅川町東大畑大名大塚142)

国道118号線沿い

このお店でハマっているモノを注文





DSCF4026-1

黒みそらーめん(手前)
(味玉と白髪ネギはトッピング)

相変わらずの黒さですね~♪

写真奥側の

オーソドックスな、みそらーめんと比べると

その違いは明らかですね‼

これがまたやみつきでハマっております

見たまんまのガッツリ系なので

あっさり系がお好みの方には

あまりおすすめできないかなー?

でも、一度はご賞味あれ





ここまでが、去年までのお話し



そして



今年に入ってからのお話し



2011年

あの忌まわしい震災の当日まで

ハマっていったモノがありました

震災当日の揺れによって破壊されてからはショックと悲しさから

最近までは

それから遠ざかっていましたが

正月頃

別件で立ち寄った店に

たまたま置いてあった

ある物を見てから

急激に、その当時に

のめり込んでいた感情がぶり返し

再び始める事になりました

それは?と言うと



〖熱帯魚〗です



一時期は、大・中・小とサイズの違う水槽を3つ設置して

主に小型のサイズの淡水魚を一通り飼っていました

そして

最終的に、一番のめり込んでいたのが

レッドビーシュリンプと言うエビでした



再熱するきっかけになったモノが置いてあったのは

メガステージ須賀川の

ペットショップ【アミーゴ須賀川】に売っていた水槽でした

再び始めるかどうか悩んだ結果

後日、その水槽を買いに行きました





DSCF4033-1

こちらがひとめぼれした水槽
KOTOBUKI製の〖レグラスポニックス300〗

この他に縦長タイプと横長タイプもあります

わたくしが購入したのは

寸法・W300×D300×H450の一番小さいサイズです



ちなみに

水槽台はZyunさんが

楽天市場店 charmで見つけてくれた

300×300水槽用キャビネット

扉付きなのでコンセントの配線や用品がしまえて

見た目がスッキリ

扉の取手は

メガステージ白河内にある

陽氣屋(雑貨屋)で売っていたものにチェンジ





衝撃を受けたこの水槽!

普通の水槽を見ただけなら再熱はしていませんでしたが

なぜ?!わたくしが衝撃を受けたかというと

こちらの水槽



なんと‼



2階建て





DSCF4027-1

横から見た水槽

1階部分が熱帯魚などを入れる水槽

2階部分はハイドロカルチャーといわれる

水耕栽培できる観葉植物を育てるエリアです

水槽からポンプで水を吸い上げ

2階の植物に水を供給して

上部から再び水槽内に水が滴り落ちる仕掛けになっています

普通、水槽と言うと

汚れた水を、キレイにする為のフィルターといわれる

ろ過装置が存在しますが
(外部式・上部式・外掛け式など)

これにはそれがありません!

その替わりというか

魚などから出た老廃物で汚れた水を

植物に通すことにより

栄養分として吸収するため

水がろ過され

きれいになった水が水槽内に戻されるという

自然の循環を繰り返す仕組みになっています

しかも

観葉植物と熱帯魚を一つで同時に楽しめるという!

とてもイケてるものだと思います



付属の観葉植物を植える器には

別売りの、ろかじゃり(ゼオライト)を敷き詰めて

そこに観葉植物を植えていきます

近所のホームセンターで売っていた観葉植物の苗は

土に植えてあったので土をキレイに洗い流して

ろかじゃりに植え付けました
(土は水を汚すので一緒には植え付けられません)





DSCF4032-1

立ち上げ当初

何種類か自分好みの観葉植物の苗を購入して植え付けます

浮輪を持った白クマさんの人形は

いつの間にやらZyunさんが見付けて飾ったものです





DSCF4057-1

最近、もう一種類の苗を追加しました(左側)

こちらの苗は

小さなポットの中に玉砂利を敷き詰めて植え付けられていたので

そのポットのまま(水洗い後)

ろかじゃりに入れ込みました

この様な栽培で売られているものを購入した方が

後々にレインアウトを変更したいという時に楽かもしれませんね!



わたくしが水槽を再開するにあたり

もう一度飼ってみたかったのが

【レッドビーシュリンプ】という

体長2cm前後のエビでした



震災で水槽が壊れる前まで

最終的にハマっていたのがこのエビでした



でも

熱帯魚と違いエビは

とても水質にシビアな生き物なので

ろ過フィルターの無いこの水槽で本当に大丈夫なのかと心配でした

実際、過去に

熱帯魚とエビ(ヤマトヌマエビ・ロックシュリンプなど)を混泳させていた時

水質が悪くなってきて、真っ先に天に召されるのは

いつも決まって、エビたちでした

それでも

この水槽の自然循環がうまくいけば

通常のフィルターにつきまとう

掃除や交換などの手間がいらないというメリットもあるし
(ポンプの吸込み口には付属のフィルターがあるのでこれだけは定期的な掃除は必要)

なんといっても

観葉植物と熱帯魚を同時に楽しめると言うのが

とても魅力的なので

チャレンジすることにしました

水道のカルキを中和する添加剤を入れて水を立ち上げ

水を循環させた状態で約2週間待ったのちに
(水にバクテリアなどが繁殖して投入できる環境をつくります)

いよいよレッドビーシュリンプを投入

しばらくの間は順調でしたが

水を立ち上げて1ヵ月もたたない頃

問題が発生

水槽内に

糸くずよりも細く小さな水ミミズがうようよするようになった ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

まぁ、特に害を及ぼすものでもないのですが

とても気になる

水をキレイに維持していれば

自然にいなくなる生物でもありますが

かと言って

水替えをして水質を急変させることは

エビにとって命取りな行為なので

それはしたくない

そこで思いついたのが

・・・

食べてもらおうと・・・





DSCF4053-1

レッドビーシュリンプとメダカ(黒メダカ)

親エビは大丈夫でも稚エビは魚に食べられてしまうので
(この時点ではまだ繁殖はしていません)

基本的に魚との混泳は不可です

なので、初めはレッドビーシュリンプだけでしが

水ミミズ対策として一時的にメダカを投入してみました

なぜ?メダカかと言うと

23℃温度固定タイプのヒーターを使用中
メダカの適温も23℃!?
(熱帯魚は26℃)

同じサイズの魚と比べると口が小さい
(食べられる危険性が少なそう!?)

投入してその日のうちに効果てきめん!

食べる食べる‼

あれだけうようよしていたのに

綺麗さっぱりいなくなりました (^^)v





水槽に照明器具が無かったので別売りで購入





DSCF4034-1

照明ON状態のフラットLED300

LEDなのでとても薄いです

昔のは厚くてゴテゴテしていたな~



この照明はスイッチを切り替えることができ、違う一面もみせます





DSCF4035-1

ん~、なんかすごいことに・・・





DSCF4061-1

補給のための水は

あらかじめポリタンクに

エビ用の添加剤を適量混ぜた水を用意しておき

減り具合をみながら水槽に足しています

季節柄か水槽の水が減るのが早い



肝心のエビたちが繁殖をしていないのに

メダカのほうが先に繁殖しはじめた

水槽内のウィローモス(水草)に卵がたくさん付着して

2週間程でふ化しはじめた





DSCF4060-1

メダカの赤ちゃん

メダカに限らず熱帯魚なども

自分で産んだ赤ちゃんたちを食べてしまうのと

水槽内の水ミミズがいなくなったので

親メダカを移す事にしました
(移した直後からふ化しはじめたので!ナイスタイミング)



初めて行ったグランステージ水戸(山新)内にある

ペット専門店 ペットアイランド・トモニーに入り驚いた (゚∇゚ ;)エッ!?

ス・ゴ・イ

熱帯魚コーナーの規模の広さと品揃えに驚いた!

そして、ときめいた (☆゚∀゚)



水戸に行った時の立ち寄りスッポトに追加です



メダカコーナーもあり

そこにはメダカ用の鉢が多数ありましたが

選んだものは

違う場所に置いてあった物に決めました





DSCF4054-1

メダカたちの新しい新居のガラスの器

玄関の土間スペースに置くことにしました

色んな角度からメダカを眺められます





DSCF4055-1

上からみた様子

水草セット(3種類)も一緒に購入

左の観葉植物は

もともと家にあったもので

遊び心で絡ましてみました





DSCF4062-1

メダカの餌

右は成魚用のフレークタイプ

左は赤ちゃんメダカ用の粉末タイプ(スプーン付)






最後に余談

子供の頃から

再放送を含め何度も何度も見てきた

アニメ映画

【風の谷のナウシカ】

ご存知の方も多いと思いますが





知らなかった!



わたくしは知らなかった



ナウシカには

原作!?とも言うべき漫画本があったなんて

Zyunさんに

教えてもらうまで知りませんでした





DSCF4063-1

アニメージュコミックス ワイド判
風の谷のナウシカ



読んでみた

初めのうちは勿論、映画版と同じような流れなのだが

読み進めていくうちに

知らないキャラクターや設定などが次々と出てくるので

次第に目が離せなくなり



最後には・・・





    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ