Mamo's Motor Life

カテゴリ: Corvette.C5






ある日





Zyunさんが1人で買い物に出掛けて行きました



それから30分位経った頃だろうか!?



家で留守番をしていた私のところにTELがかかってきた



何だろう?と思いTELにでると



クルマが加速しないと言うではありませんか (゚ロ゚;)エェッ!?



でも



何とか走ると言うので



とにかく帰ってくるように指示 (屮゚Д゚)屮 カモーン




Zyunさんが帰ってくる間に



過去の記憶がよみがえり



もしかして



と、



ある事を、私の頭をよぎっていた



何とか無事に帰宅したクルマの症状を確かめる



んーーー!



やっぱり!そうかなー!?



と、予想はついたが



何にせよ



うちには部品が無いのでクルマ屋さんに預ける事にしました



結果は



予想通り



3気筒のうち



1気筒が無燃焼状態でした



正常にプラグまで電流が流れずに



イグニッションコイルの途中で



シリンダーヘッド付近に電流が漏れている状態でした



過去のクルマでも同じ経験をしており



1ヵ所でもこのような症状がでると



立て続けに他のところも



同じ症状になること知っておりましたが



すぐに使いたい事もあって



クルマ屋さんに



たまたま置いてあった



中古品での応急処置で対応してもらいました



しかし



と、言うか



やはり



と、言うか



1ヵ月ほど経った頃に



加速が鈍くなってきた



これ以上悪化するする前にと



新品のイグニッションコイルをネットで注文




DSCF4066-2

ジムニーJB23-6ワイルドウインド(2006年式)





DSCF4080-1

まずは、インタークーラーを外して



その下に見える黒いイグニッションコイルカバーを外します





DSCF4069-1

イグニッションコイルカバーを取り外す際に



固定ボルト穴にある金属部品を落とさないように気を付けます



これを無くした状態で固定ボルトを締めると



恐らくカバーが割れます





DSCF4070-1

カバーを外した状態





DSCF4072-1

一番手前の丸型のが応急処置で交換した中古品です



イグニッションコイルの



固定ボルト各1本づつを取り外し抜いていきます





でも



DSCF4074-1

一番奥側は上部の配管が邪魔をして取り出せません



ので


配管固定ステーを外してから抜き取ります





DSCF4064-1

NGK製の新品イグニッションコイル





DSCF4075-1

装着後



以前はセルを回すと



キュキュキュキュ、ブウォンとかかっていましたが



交換後は



キュキュ、ブウォンと明らかに効果抜群です





これで今回は一件落着ですが



このトラブルの数ヶ月前には



純正のオイルクーラーからのオイル漏れトラブルがありました
(オイルシール交換のみで済みました!定番トラブルだそうです)



購入後10年も経つので



いよいよ修理費がかさむ時期に突入かな ( ̄▽ ̄;)!!





☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.





余談





DSCF4076-1

過去に



ファンネルとジャバラホースを合体させたものを



エアクリーナー吸込み口にドッキングさせていました
(バイクで言うところのラム圧を狙って!)



効果としては



100Kmからの加速が別次元で



高速道路での走行に重宝しました





でも





DSCF4079-1

最近では高速道路を利用しなくなったのと



雪などで



ファンネルの吸入口が埋まってしまうことがあったので



分離させてあります





何はともあれ



ジムニーには



まだまだ頑張ってもらいます

(^_^)v










やっと落ち着いてきたので
久々のブログです





引っ越しも無事に終わり


P3201719-3

バイクとクルマも、これでひと安心 v( ̄∇ ̄)v
e.homeさん、ありがとうございます♪】



そういえば、先週の水曜日?だったかな

桜の咲く季節だというのに雪が降りましたね!

まぁ~それ自体は、稀にある現象なので珍しくはないのですが

そのおかげで面白いものが撮れました





DSCF3719-1

まるでチェスボード のようですね .。゚+.(・∀・)゚+.゚

これは何か?と言いますと

時間はかかりますが、コストを抑える為に選んだ

市松張りの芝生(TM9)です

芝生の上だけに雪が積もって、この様な面白い模様になるんですね~



そろそろバイクに乗りたいなー 

でも、まだまだやる事が・・・ (≧ヘ≦) 







 




去年のネタは、去年のうちに
一挙に発表~‼


と、


去年末(2014)に思っていたのですが

なんせ、忙しい (◎_◎;)

私的な理由で、春先頃までは

この忙しさが続くので

ブログのアップが

なかなか出来ない~

そういう訳で、まとめてアップ



まずは

まだ暑さの残る時期に

用事のあった福島市へ行ったついでに

飯坂温泉(福島県)近くで行われていたイベントにも寄ってみました





DSCF3389-1

特車二課





DSCF3384-1

お目当てのモノです



DSCF3385-1

トレーラー!?

いえいえ、荷台の方がメインですよ~





DSCF3387-1

大きなロボットが積載されてますねー





DSCF3393-1

そして



DSCF3396-1

徐々に起き上がり

その雄姿を現しました




DSCF3406-1

パトレイバーのイングラム

カッコイイですね~

存在は知っていましたが

原作を見ていないので詳細は分かりませ~ん

でも

ガンダム好きのわたくしにとっては

ロボットものには過敏に反応してしまいますね~





お次は

【初めての分かりずらい店シリーズ】



栃木県那須町

高久駅(東北本線)から

南東方向に5㎞ほどの場所を迷いながら探し回っていると

やっと案内看板を発見!





DSCF3359-1

見落としそうなカワイイ看板






DSCF3362-1

ノノワカフェ 
(栃木県那須町寺子乙257-1)





DSCF3364-1





DSCF3363-1





DSCF3366-1

店内はカワイイさに、こだわりを感じる空間になっており
女性が好きそうな雰囲気 (*'▽')

おしぼりも、わざわざリボン結びで出すなんて
おもてなし度が高いですね♪



パスタとカレーのセットを注文



DSCF3370-1

前菜



DSCF3371-1

和風きのこパスタ



DSCF3372-1

グリーンカレー


どちらも家庭的な、おいしさのお味です



DSCF3377-1

デザートのクリームブリュレ

大概のブリュレは後味まで甘々さを引きずりまくるので
コーヒーなどが必需品ですが
ここのは甘さがスーと引く感じで私的には好きですね♪


田舎の静かな場所で
良い雰囲気のお店なので、また行こうと思います





次に紹介するお店も同町にあり

数キロ程度、離れた場所にありますよ

わたしくしの場合

白河の関(福島県白河市)から

裏道を使い向かったのですが・・・

とにかく迷った (~_~;)

そして、ようやくお店の近くで見つけた案内看板



DSCF3163-1

この看板に従い細い脇道へ入って行きます
(高久駅方向からだと、ところどころに看板がありました)


お店に、もうつくかなーと思いながら


細い道を進んでいくと・・・





(゚д゚)!





マジか‼





DSCF3692-1

砂利道じゃないかーーーい

しかも、怪しい

半信半疑の気持ちで進みます





DSCF3694-1

間違ったかな~?

本当にあるのかな~

などと、不安なまま進むと


雑木林から一転!


雰囲気が変わった‼と思った所に





DSCF3161-2

門柱!?発見

で、このすぐ先に目的の店がありました





DSCF3164-1

フランクリンズカフェ
(栃木県那須町寺子乙688-5)

場所柄、本当の意味での隠れ家的な!お店



DSCF3168-1

スペシャルティコーヒーがおいしかったな~

初回訪問のこの時は
別な店で食事を済ませていたので
お茶だけにして退散


後日、改めてお食事しに行きました



DSCF3697-1

洒落た感じの店内

毎週土曜日の夜はミニライブを開催しているようですね





DSCF3698-11

焼き野菜のディップセット

ん~~、ヘルシー





DSCF3700-1

タラコクリームパスタ

タラコがゴロゴロ入ってておいし~





DSCF3701-1

キーマカレー

温玉が付いているので
そのままと、まぜまぜとで、2度美味しくいただけますよ!





そして

次に紹介するのは

2りんかん(茨城県水戸市)に行ったついでで立ち寄る

イオンモール水戸内原のそばにあるお店

こちらは【しんちゃん】さんのブログを参考に目指してみました



目的地周辺らしき小道に入ってみます

んーー、見当たりませんねー、看板が

違うのかな~?

こっちかなー?と思い

狭い小道を右往左往

迷いながらも到着

こちらのお店は、まったく案内看板が無いのですね‼

知っている人しか行けないような、お店のようです

でも

そんな状況にも関わらず店内は満席状態なので

有名なところなのかな!?





DSCF3147-1

もみじや



DSCF3153-1

うどん屋さん



DSCF3149-1

あつあつ豆腐

目の前で豆腐が出来上がり

その名の通り、あつあつの状態でいただきます

面白いし、うまいですね~





DSCF3150-1

もみじやセット

なるほど‼

お店の看板にあった、(たらいうどん)と言うのはこういう事だったのですね!

うどんもウマいが、さつま芋かな?の天ぷらが異様にデカい (@_@;)





DSCF3151-1

カレーうどん

美味しいですね!

でも、Jeyさん

量が多くて残してしまったので

私が残さずいただきましたが、苦しかった (~o~)





シリーズ最後に紹介するのは

福島県矢祭町(上関河内辺りかな!?)


茨城県と福島県の県境から1㎞ほどの所に(国道349号線)

近年、出来たばかりの見晴らしの良い道路を上って行きます

そして最初に見えた建物が目的地です


ここの道路は普段、地元の方しか通らないようだし

この新しい道路が出来る前までは

このお店までで行き止まりだったようです

当然、お店の前の看板以外には表示物が無いので

知っている人は少ないと思われます



DSCF3189-1

クッキー工房 妖精の森





DSCF3178-2

オーナーさんに聞いたところ

手作りで建てたそうです!

そんな風には見えないくらいの完成度ですねー





DSCF3180-1

とても小さな店内

2席のみです





DSCF3182-1

お店の営業は土日のみ!のようです

平日は、手づくりのパンやクッキーの、移動販売をされているらしいです





DSCF3183-1

のどかな風景が望めます





DSCF3187-2

おいしいクッキーをいただきながら、一息





DSCF3188-1

私たちが訪れた時もそうですが

オープンしてなさそうなときでも

このクルマがある時は
声をかければお店を開けてくれるそうですよ‼(土日のみ)





そして、ここからは【ラーメンシリーズ】



DSCF3487-1

なんこ家(福島県白河市)

国道289号線沿い(南湖のそば)



DSCF3488-1

味玉とんこつラーメンと塩だれギョウザ

白河市周辺で

《とんこつ》と言ったら、ココ‼と言うくらい、ハマっているお店

どちらも、激うまです





DSCF3495-1

富久(福島県塙町)



DSCF3492-1

天津メン

まずは、オーソドックスな醤油ラーメンをそのままいただき

徐々に天津部分の玉子を崩しながら食べていくと

玉子の甘味がプラスされて

甘ウマな味へと変化していくラーメン



DSCF3491-1

特製ラーメン

このラーメンを注文すると店員さんに
必ず言われるセリフ

「かなりの量がありますよ」

分かっておりますよーと、心の中で思いつつ「お願いします」といつものやりとり

素朴なウマさながら
たま~に食べたくなるラーメン





DSCF3708-1

やまた屋(福島県白河市)

存在だけは知っていた初訪問のお店です

国道4号線沿い

白河市特産の大物の方がお出迎えしてくれます





どぉーーーん

DSCF3709-1

北側からの雄姿



DSCF3710-1

南側からの雄姿

かなりのデカさ!



DSCF3707-1

白河の夕日(限定11食)

ブレンド味噌のラーメン

( ̄‥ ̄)クンクン



Σ(・ω・ノ)ノ



味噌の香り強烈ー

こんなに匂いが強いと味も濃そうだなー

と、覚悟しつつ食べてみると

あら不思議‼

予想をくつがえす食べ易さ

甘コクうま!な感じですね



DSCF3706-1

白だるま(濃厚白濁塩スープ)

こちらはピリ辛ねぎと相まって

ピリ甘うま!な感じです





お次のネタは

おつまみを求めて、クルマを走らせた日の話

DSCF3605-1

あまたにチーズ工房(栃木県那須町)

県道21号線と那須高原線が合流した所の交差点から

那須御用邸方面の脇道に入って行くと

小さな案内看板が出てきますので

それに従い進んで行きます





DSCF3607-1

入り口のドアを開けると
玄関口に小さなショウケースがあるだけの店内?!です

そして、お目当ての珍しいモノを購入





DSCF3616-1

モッツァレラチーズのたまりづけ

写真の2種類以外に

大きなサイズで丸いタイプのもありましたよ♪

個人的には写真右側の細いタイプのモノがお勧めです

細いだけあって
ほとんどの部分がしみ込んでいる状態なので
とても美味しいのです

大きいサイズになると
しみ込んでいない中心部分が多くなります

当然!チーズ自体も美味しいので好みの問題ですがね



DSCF3609-1

お店の前の道を突き当りまで行くと

あまり知られていない!と思われる
温かい場所があります





DSCF3610-1

新那須の湯(足湯)



・・・?



あれれ~?



この看板‼前回来た時までは存在してませんでしたね!





DSCF3378-1

以前まではこの様に

名無しの足湯だったのに

いつの間にやら名前が付いたのですね!

(ちなみに無料です)





帰り道

最近立ち寄るようになった場所へ向かいます



DSCF3689-1

苔屋(栃木県那須町)

県道68号線沿い(ほんのちょっぴり小道に入ります)



DSCF3691-1

只今(2015年2月)

冬季休業中

3月OPEN予定



DSCF3705-1

ミニ盆栽(右)を購入

ナンテンと言う樹

冬の時期でも葉が落ちずに赤く染まり

「難を転ずる」と、いうことで縁起が良い樹だそうです

暖かくなれば葉の色も緑色に戻るようです

モミジのように枯れ落ちてしまう事がないので

一年中楽しむ事ができます







最後の、一ネタ





その前兆は、2~3年程前から忍び寄っていました

始めの頃は温度が下がらず

次の年には補充をすることにより

なんとか1シーズンを乗り切る事が出来ましたが

去年あたりには

遂に、ごまかしも効かなくなったので

苦渋の決断

と、言うことで

交換する事にしました





DSCF3044-1

新品A/Cコンプレッサー(コルベットC5)
諭吉さん10人分 (T_T)


久々のトラブル(過去にも色々ありました)

かれこれ15年の付き合い

しかもアメ車なのでトラブルは付き物‼仕方がない



ようやく一件落着



そしてクルマ屋さんへ



・・・



(◎_◎;)



クルマ屋さんのお話し

「そのままでは故障したコンプレッサー取り出す事が出来ません」

「冷却系統を外さないと取り出せないです」



・・・



やもえず
更に、諭吉さん10人少々
ヽ(TдT)ノ

予想外の痛い出費

Jeyさん、ごめんね m(__)m



去年のネタは、これにて、お・し・ま・い



当分の間、忙しいのと

今年になってからネタが無いので

またしばらくの間は

ブログアップが出来そうにありません

ので

このブログを読んでくださっている、貴重な方々には

誠に申し訳ありませんが

気長にお待ちになってくださいませ m(__)m



引っ越し後!にアップいたしまーす ヾ(=^▽^=)ノ










10月11日(2014)の朝

間に合わないと思い

行くのを諦めかけていたが

せっかくの機会なので

ダメもとで向かってみました



その途中



急いでいたとはいえ

これだけは外せないので

道端に停車





DSCF3545-1





再び走りだし

当然のごとく

再び停車





DSCF3546-1



石川広域農道を激走り

慣れない土地柄

少し行き過ぎてしまったのでUターン

目的の場所に到着



道の駅 ひらた(福島県平田村)



いないかな~?

と思いつつ駐車場に入ると

いらっしゃいました!





DSCF3550-1

左から
kazu@両毛さん、KAZUMIさん、Iさん、KAZUMIさんの同僚の方
の愛車たち

スズキ車‼集結

しかも左の3台は油冷機





DSCF3549-1

貴重な油冷エンジンの3種3機を見れるなんて
来て良かったー (^^♪


ここから

ライダーズPIT 【おむすびカフェ空】へ行くことになったので
参加させていただくことに‼

国道49号線をいわき方面へ向かって走ります

滅多に走ることの無いエリアなので、ちょっと新鮮(バイクでは初)

景色に目を奪われながら走っているその途中で

あっ‼ここ

と思いだした所がありました

それはしばらく前の話ですが

御斎所街道(いわき石川線)の一部が全面通行止めだった頃

国道349号線を北上して

国道49号線を目指して走っていたときに

近道ができないかと

知らない脇道に入り

道幅の狭い道路と複数の分かれ道に迷走しまくり

やっとの思いで国道49号線に合流したすぐそばにあったラーメン店





DSCF3054-1

會津 とらや



看板メニュー的なラーメンがありましたが

私が気になったのが

支那そばと中華そばの二つです

それぞれはよく見掛けますが

二つ揃って扱っているお店は初めてなので

どう違うの?と思い食べ比べをしたくて注文





DSCF3055-1

支那そば

あっさり系のとてもおいしい味です

朝ラー!に適した感じかな!





DSCF3056-1

中華そば

支那そばと比べると甘味旨味が断然増した感じでめっちゃっ美味しい~



とても美味しいお店なので
次回は看板メニューを食べに行くことを心に誓うのでありました



話が脱線している間に
【おむすびカフェ空】に到着



DSCF3551-1

店内へ移動する皆さんとはここで一旦お別れして

私は自宅へ戻りJeyさんをお迎えにあがります





クルマに乗り換えて次に向かった先は古殿町(福島県)



DSCF3563-1

流鏑馬という伝統行事を初めて見にいきました



油冷機乗りの御三方とも再び合流



DSCF3564-1

かなり歴史のある神社のようですね



入口付近で出迎えてくれる狛犬も独特な感じです



DSCF3566-1



DSCF3565-1

お腹の下に小さな狛犬‼



DSCF3577-1

流鏑馬の的



DSCF3560-1

至近距離で見れるので、かなりの迫力です



終了後せっかくなので神社内を散策



DSCF3571-1

凄く幹の太い杉の木



DSCF3567-1

馬小屋までありました



DSCF3575-1

リボン?までしてチャーミング



このあと道の駅ふるどのにて解散になりました

【流鏑馬】
この様な伝統行事が近隣の町で行われていたとは‼
まだまだ知らない事があるものだと思いました



近隣の知らない事と言えば

たまに通る道沿いに気になる店があっても

何の情報も無い店の場合

入るべきかどうかを躊躇してしまう事がありますが

意を決して入ってみた、お店があります





DSCF3064-1

華月(福島県浅川町)

国道118号線沿い





DSCF3060-1

担々麺

半熟卵(トッピングではありませんよ)がのっている担々麺は珍しいのでは?

卵を崩すと辛味がマイルドになりとても美味しいです





DSCF3062-1

えびらーめん
(えびあんかけ醤油らーめん)

この海老がデカい‼
プリプリではなく、ブリッブリッ!な感じです
麺はチョイやわめのちぢれ麺ですが
なかなかウマいです

また食べたくなる味でした

今回はアタリのお店だったのでラッキーでした





もう一か所

近隣ではありませんが

初めて訪れた場所があります





DSCF3319-1

大安場古墳(福島県郡山市田村町)



古墳手前の建物内に無料展示室があったので先に見ることに



DSCF3320-1

色々な壺や埴輪が見れますが
ちょっと驚いたのが
一部の壺(本物)に触ることが出来ること Σ(・ω・ノ)ノ
いいのかな~と思いつつタッチ





展示室をあとにし

メインの古墳へ向かいます



DSCF3321-1





DSCF3323-1

綺麗に整備されております





DSCF3329-1

古墳上部まで行けるので登ってみます





DSCF3325-1

頂上からの眺めがとても良いですね!





DSCF3332-1

ちなみに一番下から見上げるとかなり大きさです

有名どころの古墳はもっと大きいのだろうな~





DSCF3330-1

敷地の一角に変わった形のコンロ!?が・・・

古墳を見ながらのバーベキュー!?も面白いかも 
(o^∇^o)ノ






2014年5月某日



静まり返った早朝に出発 (=_=)





DSCF2594-2



最初の目的地までは高速にて移動です

と、

その前に

腹ごしらえのため、SAに立ち寄ります



DSCF2601-1

那須高原SA



DSCF2596-1

天ぷらうどん



DSCF2597-1

らーめん





店内の一角には電車のジオラマが有りますね!!





DSCF2599-1

子供たちが、くぎ付けになりそうですね~(大人も!?)



朝食後は

ひたすら走り続けます



東北道~北関東道~関越道~上信越道



ノンストップで走り続けたので



最初の目的地には

早めに着くことができました



目的地の敷地内には駐車場が無い為

近くの有料駐車場にクルマを停めて少し歩いて向かいます

開門1時間程前に到着して行列の3番手






DSCF2604-1

ココは?


と言いますと


そう!!






DSCF2605-1

世界遺産に登録された【富岡製糸場】です


でも


この時点ではまだ登録前なので

国指定重要文化財ですね!


開門と同時に場内へ






DSCF2606-1

まず正面の建物に入りました


ボランティア!?の方の説明を受けながら見て周る人は

この辺りでしばし待機してました




この建物内には

製糸場の歴史や道具などの展示室があります






DSCF2610-1


色んな種類の糸






DSCF2608-1


糸の原料を作りだしてくれるカイコたち


作り物ではないですよ~


本物ですよ~


アップの写真もありますが

そこはあえてやめときまーす(色んな意味で)

( ̄ー ̄)


展示室を、ひと通り観たら違う建物に移動です






DSCF2616-1


ココはメインとも言えるところですね!






DSCF2611-1


では、入ります






DSCF2612-1

建物内の手前から奥まで

自動繰糸機でビッシリです


手前側は保存の為ビニールが掛けられていました


奥側のビニールが掛けられていないエリアに進みます






DSCF2615-1


細かい部品などで作られた機械が

所狭しと並べられており見応えがありますねー


機械にあまり興味のないJeyさんにとっては

そうでもなかったようですが・・・




他の建物も見て周ります






DSCF2619-1




DSCF2620-1






数々の建物の中には残念な状態になってしまったものもありました






DSCF2622-1


乾燥場


今年(2014)始めの大雪に耐えられず潰れてしまったようです






DSCF2628-1


建物が潰れる前の写真


老朽化の対策も今後の課題の1つのようですね!





DSCF2624-1



DSCF2626-1


私達は個人で見て回ったのですが
(人のいない状態の写真を撮りたかったので)

ボランティアの方と説明を受けながら見て周る方がオススメです




そろそろ出ようかと

出口付近を歩いていると初めて見る植物が・・・





DSCF2630-1


キンポウジュ






DSCF2629-1


ふともも科??

(・_・;)





駐車場までの通り道にあるカフェで休憩



DSCF2633-1

カフェドローム




DSCF2634-1


店内は古民家を改装した、とてもお洒落な感じです



DSCF2640-1


早起きだった為、眠気のある私はカプチーノを注文



DSCF2638-1


Jeyさんは
そこがみそプリンとチャイを注文





カフェの奥側には
中庭を挟んでシルク製品の販売コーナーがあります


DSCF2642-1


Jeyさんのお母さん用にスカーフ購入






幾つかの遺産群の中で
もう1ヶ所立ち寄りたい所があるので
そこへ向かいます



でも



その途中に
見てみたいモノがあるので
まず、そちらに向かいます




山道を登ります



DSCF2643-1


見晴らしが良いですね!



更に山道を進むと!!!





DSCF2645-1


お猿さん達がたくさんいました



DSCF2646-1


人に慣れているのかな?






DSCF2648-1


頂上付近に到着



ここがどこかと言うと!




DSCF2655-1


【イニシャルD】のバトルステージにもなった妙義山です





DSCF2649-1

中之嶽神社

ココに見てみたいモノがあります





ドーーン!





ドドーーーン!!




DSCF2652-1


日本一のだいこくさま

小槌ではなく、剣を持っている!だいこくさまは珍しいそうです

ちなみに日本一!!と言うのは大きさで

どのくらいの大きさか?というと

手前の建物と比べるとその大きさが分かります




DSCF2650-1


めちゃデカですね!





DSCF2653-1


せっかくなのでお参りもしました
(階段きつかった~)






さて

遺跡群の1つに向かいます

目的地の数キロ手前からは狭い山道入って行きますが

この道がまた、せまっ!!

山道に慣れていない人にはツライかも!?




DSCF2656-1


小さな駐車場から少し歩きます





DSCF2660-1

荒船風穴

地面から吹き出す冷風を利用した蚕の卵の貯蔵施設跡





DSCF2661-1


こちらの施設跡は
あまり知られていないようで見学者は少なかったです




DSCF2657-1


この日はとても暑い日でしたが

風穴周辺だけは涼しかったですよ~



当時はここに建物があったようですね




DSCF2658-1


当時の再現写真





施設跡を離れ駐車場までの道を歩いていたとき

何気に道ばたの岩に目をやると

このような印がありました



DSCF2662-1


このような印で史跡の範囲を決めているの!?かな




荒船風穴をあとにし、国道254号線にて西方向に向かう予定だったが

なんと!!

全面通行止めの看板が・・・!!!

\(◎o◎)/!

回り道をするとかなりのタイムロスになってしまう

行きたい所もまだあるし~

できれば、それは避けたい

地図とにらめっこ後

決断の時



裏道と旧道?を駆使し

国道254号線から大きく外れることもなく次の目的地に辿りつけました

その場所はと言うと!




国史跡 龍岡城跡


DSCF2669-1


日本には函館(こちらは有名)とここにしかない五稜郭です!





DSCF2667-1


独特な形状のお堀ですねぇ~



DSCF2666-1


現在は小学校が建っています





DSCF2664-1


当時はこのような感じだったのですね





今度は国道141号線をひたすら南下します



そうして到着した場所がココです





DSCF2670-1

ん?



ただの踏切が何だってって!?



まぁ~



パッと見



ただの踏切ですからね~!



でも



この看板を見ると意味のある場所になりますよ!





DSCF2671-1

JR鉄道最高地点です





くっ、空気が薄い・・・





な~んて事はありませんが





八ヶ岳のそばなので

のどかな風景と相まって雄大な八ヶ岳を望めますよ~





DSCF2672-1

最高地点を走る電車





踏切のすぐそばに神社があります





DSCF2680-1

鉄道神社





DSCF2679-1

電車の車輪が祀られておりました





この日は、ここを最後に宿泊先へ向かいました





つづく





このページのトップヘ