Mamo's Motor Life

2016年06月






Zyunさんの



お気に入りのコーヒー豆屋



【SWEET ROASTERY】
(スウィートロースタリー)
白河市八竜神79



このお店に



時々、コーヒー豆を買いに行くのですが



数種類の中から選んだ豆を



袋詰めしているのを待っている間



店内に置かれている



コーヒー器具のカタログを見るたびに



水出しコーヒーの器具が欲しいな~と



毎回思うのですが



何しろお値段が高い



安くても、うん万円



高いものは桁が違います



欲しくても手が出せません
( ̄▽ ̄;)



ある日



白河市内にある



ドトールコーヒー店の入口で



入ろうか迷っていた時



入口付近に置いてあったモノが



強烈に目に飛び込んできた



そして



お値段を確認後



お買い上げ



欲しかった本格的なものとは



だいぶかけ離れたデザインではあるが



庶民的なお値段と



おうちで水出しコーヒーが作れるということで満足です





DSCF4368-1

規定量の豆をミルを使い細引きで挽きます



その粉を容器に投入して



40ccの水と混ぜペースト状態にします





DSCF4369-1

水を入れる容器を上にセットして



規定の量の水を入れて完了です



水を入れた容器から



一滴づつ水が粉の上に滴り落ち



しばらくすると



粉の入った容器の下部にある



目の細かいフィルターから



一滴づつコーヒーが滴り落ちます





DSCF4371-1

規定の量まで滴り落ちるのが終われば完成



豆の種類を変えたりして



日々楽しんでおります
(⌒∇⌒)





・‥…━━━☆・‥…━━━☆





以前



水槽内に発生した



水ミミズを食べてもらう役目で



メダカを一時的に投入していましたが



役目を終え



増えすぎてしまったメダカたちの行き場に悩んでいた時に



ネットで解決策を発見





DSCF4400-1

メダカたちが活躍した水槽

〖レグラスポニックス300〗

おかげでキレイさっぱりです





そして



新たな居場所として発見したのが



《ビオトープ》





DSCF4394-1

ビオトープとは



生物が自然のサイクルで生きれる場所を再現したもの



自然界で言うところの池を人工的に再現します



見よう見まねで私が作ったのは



睡蓮鉢に



赤玉土(小粒タイプ)を敷き詰め(3ℓ~4ℓ)
(排泄物を濾過してくれるバクテリアの住みか)



水苔にサギソウを植えた鉢を沈め



水草と浮草(ホテイ草)を投入
(水生植物は水に酸素供給したり根が水を浄化する役目)



黒メダカの他に



お掃除屋として



ヒドジョウと
淡水で繁殖するミナミヌマエビを混泳
(ちなみにヤマトヌマエビは淡水では繁殖しません)



これで安定すれば



人が手をかける事は



足し水くらいです
(我が家では微妙に雨で足し水が出来る位置に設置)



水槽とは違い



全く手がかからず



とても楽ちんです



でも



写真でお分かりの様に



とても見ずらい ( ̄0 ̄;)



明るくない鉢の中に



土によって更に暗くなり



ホテイ草のジャングルの様な根により視界が悪く



そこにきて



その名の通りの



黒いメダカなので



とても鑑賞出来るような状態にはありません



まぁ



メダカたちが元気でいてくれれば問題はないのですが・・・





でも



それを見て



不満をもっていたZyunさん



やりました





DSCF4392-1

Zyunさんバージョンビオトープ(新規で追加)
Σヾ( ̄0 ̄)ノ



とてもキレイで見やすい
(メダカはヒメダカ)



浮草は初期タイプから移植



ホテイ草は根の広がりと繁殖が凄いので



初めは1つでも十分だと思います





DSCF4402-1

バクテリアの定着場として



パールホワイト丸小粒タイプ砂利と



天然石ピンクストーンミニを追加



飼育する予定に無かったメダカだったのに



今では



毎日覗き込むのが楽しみになっている



自分の姿がそこにはあります

( ̄∇ ̄)










2016/06/12



この日は勿論、



南郷へGO!です





DSCF4356-1

早めのスタートだったので会場内はまだ準備中でした





DSCF4357-1





DSCF4363-1

いつもだと天気に恵まれない可能性が高いのですが



この日は文句なしのイベント日和になりましたね ('▽'*)ニパッ♪





そして



南郷ひめさゆりバイクミーティングと言ったら



DSCF4361-1

極太アスパラの素揚げですよねー (⌒∇⌒)



毎回、欠かさずにいただいております



これがお目当て‼と、言っていいくらいです





DSCF4358-1





DSCF4359-1

興味深いマシンがありました



雪の中を走ったら楽しそう~ (☆゚∀゚)





何気に



イベントのタイトルにもなっている〖ひめさゆり〗を見たことが無かったので



徒歩にて向かうことにしました







それが



浅はかだった



急な登り坂と



歩くのに適さない格好と



天気が良すぎて(暑い)



とても辛かった (TдT)



最後まで登りきる気力が無く



途中で断念してしまいました





DSCF4365-1

ひめさゆりを目指している最中の景色



途中で断念しましたが



運よく土手に生えていたひめさゆりがあったので



それで良し!としてしまったヘタレぷっりです





DSCF4364-1

ひめさゆり


KAZUMIさん、kazu@両毛さん、Iさん、バイク好きおくさんなど



たくさんの方々にお会いできました



そのなかでも



バイク好きおくさんのブログに登場してから



密かにブログを拝見させていただいていた方に



お会いする事が出来ました



同じアプリリア乗りの【シエラさん



バイク好きおくさんが



探し出して連れてきてくれたおかげで



初対面が叶いました



シエラさん



私と同じRS4(125cc)に乗っておられたのですが



今では、なんと!



RSV4(1000cc)に乗り換えております



このバイク



実物を見れる確率が非常に低く



貴重な車体を見れてとてもラッキーでした



しかも





DSCF4366-2

見れただけでも十分なのに、なんと跨らさせてもらいました



とても素敵な思い出になりました .。゚+.(・∀・)゚+.゚











ある日





Zyunさんが1人で買い物に出掛けて行きました



それから30分位経った頃だろうか!?



家で留守番をしていた私のところにTELがかかってきた



何だろう?と思いTELにでると



クルマが加速しないと言うではありませんか (゚ロ゚;)エェッ!?



でも



何とか走ると言うので



とにかく帰ってくるように指示 (屮゚Д゚)屮 カモーン




Zyunさんが帰ってくる間に



過去の記憶がよみがえり



もしかして



と、



ある事を、私の頭をよぎっていた



何とか無事に帰宅したクルマの症状を確かめる



んーーー!



やっぱり!そうかなー!?



と、予想はついたが



何にせよ



うちには部品が無いのでクルマ屋さんに預ける事にしました



結果は



予想通り



3気筒のうち



1気筒が無燃焼状態でした



正常にプラグまで電流が流れずに



イグニッションコイルの途中で



シリンダーヘッド付近に電流が漏れている状態でした



過去のクルマでも同じ経験をしており



1ヵ所でもこのような症状がでると



立て続けに他のところも



同じ症状になること知っておりましたが



すぐに使いたい事もあって



クルマ屋さんに



たまたま置いてあった



中古品での応急処置で対応してもらいました



しかし



と、言うか



やはり



と、言うか



1ヵ月ほど経った頃に



加速が鈍くなってきた



これ以上悪化するする前にと



新品のイグニッションコイルをネットで注文




DSCF4066-2

ジムニーJB23-6ワイルドウインド(2006年式)





DSCF4080-1

まずは、インタークーラーを外して



その下に見える黒いイグニッションコイルカバーを外します





DSCF4069-1

イグニッションコイルカバーを取り外す際に



固定ボルト穴にある金属部品を落とさないように気を付けます



これを無くした状態で固定ボルトを締めると



恐らくカバーが割れます





DSCF4070-1

カバーを外した状態





DSCF4072-1

一番手前の丸型のが応急処置で交換した中古品です



イグニッションコイルの



固定ボルト各1本づつを取り外し抜いていきます





でも



DSCF4074-1

一番奥側は上部の配管が邪魔をして取り出せません



ので


配管固定ステーを外してから抜き取ります





DSCF4064-1

NGK製の新品イグニッションコイル





DSCF4075-1

装着後



以前はセルを回すと



キュキュキュキュ、ブウォンとかかっていましたが



交換後は



キュキュ、ブウォンと明らかに効果抜群です





これで今回は一件落着ですが



このトラブルの数ヶ月前には



純正のオイルクーラーからのオイル漏れトラブルがありました
(オイルシール交換のみで済みました!定番トラブルだそうです)



購入後10年も経つので



いよいよ修理費がかさむ時期に突入かな ( ̄▽ ̄;)!!





☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.





余談





DSCF4076-1

過去に



ファンネルとジャバラホースを合体させたものを



エアクリーナー吸込み口にドッキングさせていました
(バイクで言うところのラム圧を狙って!)



効果としては



100Kmからの加速が別次元で



高速道路での走行に重宝しました





でも





DSCF4079-1

最近では高速道路を利用しなくなったのと



雪などで



ファンネルの吸入口が埋まってしまうことがあったので



分離させてあります





何はともあれ



ジムニーには



まだまだ頑張ってもらいます

(^_^)v





このページのトップヘ