11月5日(日)

秋晴れの

まだ暖かさが残るこの日

どこかへ出掛けたいな~

どこに行こうかなぁ

そうだ!

広島へ行こう!(^^)!

と、言うことで

新幹線で向かいます

出発場所は新白河駅

8時36分発のに搭乗します

でも

その前に

腹ごしらえ

白河市といえば

白河らーめんで有名なところ

でも

全国的に有名な喜多方ラーメンのように

朝ラーという文化が無いので

当然のことながら

朝から営業しているラーメン店は存在しません



唯一

朝ラーが出来るのが

新白河駅構内に(2F)ある

【麺処 新白河】

ここで白河らーめんをいただきました





DSCF4851-1

白河らーめん

美味い!

その辺の店より美味いかも

後から聞いた情報によると

蕎麦も美味いらしいので

次回は蕎麦をいただいてみます

(ちなみに白河の蕎麦は日本四大そば処の一つに数えられています)

出発前に地元の味を楽しみつつ新幹線を待ちます





DSCF4852-1

待っている間に通過中の新幹線



予定通りの新幹線に乗車して

いざ出発

1時間半ほどで東京駅に到着

東京駅で乗り換えて

更に西を目指します

今回は長旅なのでグリーン車(初)での移動

とても快適♪

車内販売していた駅弁を購入してお昼ご飯





DSCF4854-1

そんなにお腹も減っていないので1つの駅弁を2人で半分こ





DSCF4855-1

冷めてはいましたが旅行の道中での楽しいひと時

美味しく頂きました

で、14時過ぎに広島に到着

この日は移動がメインですが

残された時間で回れる所を急ぎます

ホテルのチェックインを早々に済ませ

路面電車で最初の目的地へ





DSCF4857-1

広電本線

紙屋町西で下車

そこからは歩いて向かいます

次第に見えてくるのが





DSCF4858-1

かなりの広さ





DSCF4861-1

表門





DSCF4862-1

天守

そうです!

ここは





DSCF4865-1

広島城

立派だな~

本当ならば

お堀の外に出て撮影すれば

もっとカッコ良く立派な写真が撮れるのですが

なんせ時間が無い (>_<)

次の場所へ行かなくては



歩いて次に向かった先は





DSCF4867-1

原爆ドーム

戦争の悲惨さを物語る象徴的存在





DSCF4875-1

今では多くの観光客などで賑わうスッポトになっていますねぇ



更に歩いて最後の目的地に向かいます





DSCF4876-1

平和記念公園

日も暮れてきたヤバい (;・∀・)

更に急ぎます

そして

なんとか無事に

広島平和記念資料館にも間に合いました

ここまで来れれば

あとはのんびり見て回れます





DSCF4878-1

記念館をあとにし

薄明かりの公園内を散歩しながら

広島駅へ戻り

駅に直結しているホテルで一息入れて
(ホテルグランヴィア広島・3泊お世話になります)

宴をひらくべく

広島駅北口から少し歩いて移動します





DSCF4884-1

【かき傳】

そうです‼

広島と言ったら牡蠣でしょう~(^^)v

でも

わたくしは大丈夫なのですが

Zyunさんが牡蠣苦手 (~_~;)

なので

わたくし調べましたよ

ここなら牡蠣以外の料理もあるので大丈夫だろうと

先ずはビールで乾杯

メニューを見ると色々あって悩んでしまいます

悩んでいると

Zyunさん!

試しに牡蠣を食べてみると言い出した

オオーw(*゚o゚*)w

当然!生カキは無理だろうから

それ以外でチャレンジすることに!





DSCF4883-1

カキと蓮根の蒸し物

これがまたウマい

上品なお味でカキ本来の味が楽しめる一品

Zyunさんも美味しいと言って食べておりました





DSCF4880-1

カキのクリーム焼

カキの旨みとクリームの旨みの相乗効果で

甘うまです♪





DSCF4881-1

カキ小町の香味むし

お汁と同時にカキをお口に頬張れば

香ばしさと共にお口の中がパラダイス





DSCF4882-1

うに山芋

うに‼山芋と合うのですね~

Zyunさん、ミョウバンのウニは食べれないけど

こちらのは

ミョウバンなしのウニだったので美味しくいただいてましたね





DSCF4879-1

うにホーレン(左下)とカキ三国焼

左下に写っている

うにホーレンなる料理

この辺りの郷土料理だったかな⁉

これがまた美味い‼

ウニ好きにはたまらん (´艸`*)

ハマりますよ

そして最後に

カキ三国焼‼

超ーーーーー美味い♪

今まで食べてきた牡蠣料理の中でダントツに美味しいです

特性ソースがたまりません

また食べたくなってきた (>_<)

Zyunさんも初めて牡蠣を堪能できたし

牡蠣の本場だけあって

わたくしの地元では頂けないカキ料理ばかりがあり

お店の女将さんの

親切でやさしさに溢れる対応が素敵なお店でした

とても楽しい夜を満喫することができました



この旅行のテーマの一つに

極力!ご当地グルメをいただく事を掲げているので

この調子で制覇していきます(たぶん)