前回の記事で少しだけ触れましたが

【ライダーズピット】のスタンプラリー巡り中に

F3(800)にトラブルがおきました





DSCF6092-1



ついでにと言ってはなんですが

納車して約2年ほどになるので

これまでのトラブルをまとめてみました

全部で3つ

まず初めのトラブルは

チェーンカバーのボルト紛失





DSCF6090-1
画面真ん中のボルトがいつの間にか無くなっていました

無くなったボルト以外に

もう一箇所カバーを固定しているボルトがあったので

カバー本体を紛失する事態は免れました

手元にあった同径のボルトで間に合わせようとしましたが

ネジ山のピッチが違う為に断念

やも得ず

こんな小さなボルト1本に

1500円程支払って無事解決 (T_T)

その後

カバー類固定ボルト全体の増し締めをしたところ

至る所緩いところがあったので

納車後は

まず増し締めをお勧めします





2つ目のトラブルはヘッドライト

F3のヘッドライトは

1つの電球で近目と遠目のタイプで

近目の方が切れた

ライト交換作業は初めてでしたが

F3の交換作業は

超~簡単 (^o^)





DSCF6085-1
まずメーター下奥に見える丸いカバーを

反時計回りに少し回して外します





DSCF6089-1
コネクターを外して留めバネを外せば

電球を引き抜けます

付ける時は逆の手順

簡単でしょう!





DSCF6083-1
近目が切れた電球





DSCF6084-1
新たに取り付けた電球の型番





3つ目のスタンプラリー中に発生したトラブルは

排気デバイス機構の故障でした

マフラーに付いてる可変バルブが

開きっぱなしになったり閉じっぱなしになったりの現象

キャラメルモータースさんに確認したところ

よくあるトラブルで

修理をしても再発する可能性があるとのこと

そこで選択肢は2つ

修理に出すか!キャンセラーを取り付けるか!

他のお客さんで同様のトラブルになり

何度か修理をした挙句にたどり着いたのが

キャンセラーだったと言うのと

トラブル発生日の二日後にツーリングを控えていたし

自分でも修理が出来るというので

キャンセラーに決定!

ツーリング前日

キャラメルモータースさんの所に急いでパーツを取りに行きとんぼ返り

夜なべまではしませんでしたが

その日は修理に勤しみました



まずはアンダーカウルを外します





DSCF5967-1
マフラー右側の丸い所が開閉バルブ

上下2本のワイヤーでバルブの動作を行います





DSCF5971-1
レンチでワイヤーを固定している金具を外します





DSCF5973-1
ワイヤーピンをバルブから外すと

バルブ本体のバネの力で全開の状態でキープされます



次にサイドカバーに固定されている動力モーター部の取り外しです





DSCF5965-1
こちらがサイドカバーに固定されている部品

サイドカバーからこの部品を外せれば

あとはコネクターを外すだけです





DSCF5978-1

取り外した部品

取り外し作業はここまでですが!

このままではコンピューターが誤作動を起こします

そこで登場するのが

キャンセラー!





DSCF5974-1
動力モーターを外したあとのコネクター

ここにキャンセラーを差し込みます





DSCF5963-1
8300円位だったかな⁉





DSCF5964-1
このキャンセラーと言うパーツを

コネクターに差し込みコンピューターの誤作動を防ぎます





DSCF5977-1
あとは結束バンドでフレーム等に取り付けて終了



修理後の感想としては

バルブが常に全開なので

アイドリング時からうるさくなった(QD製スリップオンマフラー装着)

排気デバイス機構がある程度閉まることによって

低速トルクを補う装置なのだろうけど

体感的には変わらない感じ

それよりも

納車当時の日本仕様状態の時が酷かった

低速域がスカスカでとにかく乗りずらかった

慣らしが終わり

本国仕様のフルパワーにしてもらってからは

とにかく乗りやすくなった

なので

本国仕様の状態ならば排気デバイス機構が無くても問題ないと思います
(あくまで個人的意見です)



今回のトラブルで思い出したことがあります

わたくしが25年ほど前に

88年式FZR250に乗っていて

このバイクにも排気デバイス機構が装備されていました

確か⁉ヤマハのFZRシリーズが

排気デバイス機構の先駆け的な存在だったと思います

このバイクも故障によりバルブが作動しなくなり(確かワイヤー切れ)

修理代も無かったのでそのまま乗っていましたが

排気量が小さいせいか

低速域が思いっ切りスッカスカになってしまい

常に高回転をキープしていないと

まともに走ることが出来なかった事を思い出します

そう言えば

あの頃の4気筒250㏄

45㎰のパワーと140㎏ほどの軽量ボディで

エンジン回転数が18000~20000rpmなんていうのが

当たり前だった時代

恐るべし (;^ω^)